アジ

| エコな話, 料理の常識, 旬な話 |

アジは群れをつくり暖流にのって回遊する魚です。
今年は札幌も10月に入っても例年より気温が高く、
写真のアジ、さより、たなごは札幌近郊の海で釣れたものです。
アジは100g中65mgのカルシウムを含んでいて、

ビタミンB2も多く、身体の成長と細胞の再生を助けるのに役立っています。

脂肪の部分には、DHA(ドコサヘキサエン酸)と
EPA(エイコサペンタエン酸)のような不飽和脂肪酸をたくさん含んでいます。
特に沢山含まれているEPAは、血中コレステロールを下げて血栓を出来にくくするので
心筋梗塞や脳梗塞などの血栓症を防ぐ効果があります。
肩こりや目の充血、頭痛などにも有効です。一方、DHAは脳を活性化します。

アレルギー体質の人は、じんましんが出る事もあるため、あまり沢山食べないほうがよいでしょう!

食べ方としては、癖が少ないので、たたき、塩焼き、酢じめ、煮つけ、ムニエルなど
あらゆる料理に向きます。
特に小アジの場合は、南蛮漬けかマリネにして骨まで食べるようにすると、
成長期の子供や妊婦のカルシウム補給におすすめです。
また、マアジをおろしたときは、骨の部分をしょうが醤油につけてから揚げにして、
骨せんべいを作ってみましょう!
お酒の肴や子供のおやつにもぴったりの一品です。

写真のように下処理をします。

南蛮漬けやマリネにすると、一週間程度保存が出来ます。

アーカイブ