【箸の取りあげ方と置き方】

箸を持ち上げて取るときや箸置きにもどすときに、
3つの動作で扱うと、丁寧でとても美しく見えます。
そして置いたときにも音がでません。
この動作を「三手(さんて)で取る」と言います。
是非マスターしましょう

①右手の親指と人差でし指、中指で、箸を上からつまんで取ります。
②左手を箸の下に添えて支える。
③右手を右側に滑らせながら箸の下側に動かし、中指を2本の間に
 入れながら箸を開き、左手を離す。
箸を置くときは、この逆の手順になります。

【器を持って箸を取り上げるときも三手

和食では器は手に持って食べるのが基本となりますが、
このときも箸の取り上げ方は「三手」となります。
違うところは、二手目の左手の受けで、左手はすでに器を持っているので、
小指と薬指の間に箸をはさんで受ける点だけです。
器の取り方も右、左の順、箸も右、左、右と覚えれば簡単です。

①両手で器を持つ
②器から右手を離して箸を取り上げる
③左手の薬指と小指の間に箸をはさむ
④右手を箸に沿って右にすべらせる
⑤右手を下に回す
⑥右手で箸を正しく持ったら左手を離す

アーカイブ