【箸づかいのタブー】

・寄せ箸・・・箸で食器を引き寄せること
      理由:箸は料理を運ぶもので、食器を移動させるものではなく、 
         食器の移動は、いったん箸を箸置きに置いてから両手で扱う

・刺し箸・・・料理に箸を突き刺すこと
      理由:料理を刺すのはその料理に火が通っているかを確かめているようで、
         作り手に失礼。和食はもともと箸だけで食事を完結する
         料理なので、箸で切れる硬さに料理されている

・迷い箸・・・あちこち箸を動かすこと
      理由:「どれから食べようか」と目で追いながら、気持ちのままに
         箸で追ってしまうと、結局、箸で料理を指していることと同じになるので、
         みっともない。女性に多いので要注意

・立て箸・・・ご飯の上に箸を突き立てること
      理由:これは、「仏箸」と言われて、死者の枕元に供える枕ご飯で、
         その時のみ許される箸づかい。周囲の者が食べてはいけないこと
         も箸で表している

・渡し箸・・・食器の上に箸を渡すこと
      理由:口をつけた汚れた箸先を、人に見せることになるので、同席者に
         対して失礼。食事の途中で渡し箸をすると「もういりません」
         と言う意味になる

・押し込み箸・・口に入れたものを箸で押し込むこと
      理由:大きな物を一気に口に入れて、箸で押し込む姿は醜いし、
         飲み込むにも時間がかかり、頬が膨らんで醜い。
         箸は3センチくらいまでを目安に使うのが美しいとされている。
         奥まで押し込むのは、マナー違反

・ねぶり箸・・・箸先を口でなめること
      理由:「ねぶる」はなめる、しゃぶると言う意味。癖になっている人も
         多いようだが卑しく見えるので注意が必要。
         割り箸などには、米粒がつきやすいが、汁物やおかずから先に
         食べると避けられる

・さぐり箸・・・箸でかき分けて料理をさぐること
      理由:和食は「目で食べる料理」ともいわれるように、美味しく見えるような
         盛り付けの工夫がされているので、それをくずさないように、上から
         または手前から食べていく。どうしても食べられないものは、さぐり箸に
         ならないように箸でつまんで器の奥へ置く

・にぎり箸・・・箸と器を同じ手で持つこと
      理由:どんな料理も両手を使うのがマナーの基本。
         料理から料理へ器を持ち替えるときは、箸をいったん箸置きの上に置く
     

アーカイブ