【箸づかいのタブー】

・涙ばし・・・箸先から汁をたらすこと
      理由:食膳を汚すことににもつながる行為。
         料理を箸で持ち上げるときは、汁けを適度に落とす。
         その時は箸をふらないこと。

・かき箸・・・箸でかきこんで食べること
      理由:どんぶり物は豪快にかきこんで食べたいと思っても
         これはタブー箸。特に器の中の料理が少なくなると
         箸でつまずにかき寄せてしまいがち。
         きちんと箸が持てないと、箸で料理をつまめず、
         結局、かき箸をすることになる。ただし、お茶漬けは例外。

・空箸・・・箸をつけたものを食べずにおくこと
     理由:たとえばビュッフェなどで、自分が取り分けた料理は、
        最後まで食べるのがエチケット。
        
・受け箸・・・箸を持ったままおかわりをすること
     理由:右手に箸、左手にお茶碗を持っていると、
        そのまま左手を出したくなる人も。
        しかし、口で汚した箸先を周囲にむけることにもなって、
        大変無作法に見える行為。

・たたき箸・・・箸で食器や食卓をたたくこと
      理由:「茶碗をたたくと餓鬼が来る」とも言われ、悪霊を呼ぶ行為
         とされている。このように昔の人は、作法を教えていった。

・移り箸・・・おかずばかりへ箸を動かすこと
      理由:本来はおかずばかりを食べ続けるのは「卑しい」行為とされる。
         おかずとおかずの間にご飯を食べるか、お酒を飲むようにする
         のが、料理を美味しく食べるマナー。

・すかし箸・・・骨越しに魚の下身を食べること
      理由:すかし箸をすると、魚の下見をほじることになり、
         さぐり箸にも似た行為となる。それでは骨の裏側の身もきれいに食べられい。
         魚の身は中骨を下身ごとひっくり返して食べるのもタブー。

・押しつけ箸・・・箸でご飯を固めながら食べること
       理由:日本人にとって主食であるご飯は、和食ではもっとも
          大切なとつ。ふっくらとおいししく炊き上げたご飯も、
          押しつけ箸をして固めてしまうと、台無しになってしまう。

・拾い箸・・・・食べ物を箸から箸へ移すこと
       理由:箸で持ち上げた料理を、別の箸でつまんで渡す行為は、
          火葬場でのお骨拾いを連想させることから、
          箸づかいのタブーのなかでも最高のタブーとされている。

アーカイブ