Teinei’s キッチン 「若者向け料理教室」

~簡単!おうちでクリスマス料理~

2017年12月15日(金)18:30~21:00

手稲保健センター主催「若者料理教室」が開催されます

手稲区内に居住、または通学、通勤している10代、20代の方

高校生以上 先着20名

申し込み:11月13日~12月1日まで

費用:無料

申し込み:電話011-681-1211 メールte.kenko@city.sapporo.jp

HP:手稲区・・・食育・・・検索

献立:豚肉でロコモコ丼、旬野菜のミネストローネ、

クリスマスリースサラダ、簡単チーズケーキ

当日の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.11.17に開催された札幌市東保健センター主催

今年で3回目を迎えた札幌市若い世代の食育事業の「モテレシピ講座」を

今年も担当させていただき、ありがとうございました<m(__)m>

ご参加いただいた皆さんお疲れ様でした!

皆さんの楽しそうな笑顔と真剣な眼差しがとても印象的でした。

そして料理に関心を持たれ、今後の料理に対する意欲がとてもうれしく思いました。

これを機会に無理なく楽しく料理と向き合ってほしいと思っています。

当日の様子

東区HP掲載

http://www.city.sapporo.jp/higashi/news/chiku_29_11_17.html

札幌市若い世代の食育事業

本気(マジ)めしプロジェクト

つかめ胃袋!彼&彼女におくるモテレシピ講座

朝ベジで風邪を寄せ付けない!野菜たっぷりカラフル料理を

手早く作って彼&彼女に感動されちゃいましょう!

日程:11月17日(金)18:30~21:00

場所:札幌市東区民センター2階 実習室(北11条東7丁目)

参加費:無料

申し込み:10月16日(月)~定員なり次第締め切り

電話:011-711-3211  メール:hi.kenko@city.sapporo.jp

http://kokucheese.com/event/index/484162/

 

 

 

 

先日開催された札幌市手稲区保健センター主催の「食育講座」には

30代から80代までの幅広い参加者をお迎えして、「食べることは生きること~毎日の食事で健康ライフ~」

と題して参加者の皆さんと一緒に日常の食生活を振り返りました。

メモを取りながら熱心に傾聴していただき、ありがとうございました。

当日の様子は下記のページからご覧いただけます。

手稲保健センター

今年もよろしくお願いいたします<m(__)m>

1月の講演会のお知らせです。

ていね食育ネットワーク主催による食育講演会が下記の通り開催されます。

タイトル:「食べることは生きること」~毎日の食事で健康ライフ~

日時:平成29年1月27日(金)10時30分~11時30分

会場:札幌市手稲区手稲保健センター講堂

主催:ていね食育ネットワーク

%e9%a3%9f%e8%82%b2%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%83%bc%e6%89%8b%e7%a8%b2%e5%8c%ba%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

 

 

 

 

 

 

 

先月は「若者向け食育事業」の講師を務めさせていただきました。

高校生から20代の社会人までの25名とボランティアの食物学科の学生さん6名での楽しい教室となりました。

参加者の皆さんには5品を作成していただき、6品目は主催者側が用意し全部で6品のお料理をいただきました。

男性の方も5名参加いただき、初対面とは思えぬチームワークで、仲良く実習をいたしました。

少々時間はオーバーしましたが最後まで頑張って、どの班もおいしく仕上げることができました。

参加いただきました皆様、ありがとうございました。そしてボランティアの学生さんにも感謝申し上げます。

概要は次の通りです。

平成28年度
札幌市若い世代の食育事業~本気めしプロジェクト~

つかめ胃袋!

「彼&彼女におくるモテレシピ講座」

日時:平成28年11月30日(水)18:30~

場所:東区民センター実習室

メニュー

・タンドリーチキンとカレーピラフ

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%a9%e3%83%95-2

・頭すっきりサラダ

%e5%a4%a7%e8%b1%86%e3%81%ae%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80

・アボカドとプチトマトのカップサラダ

%e3%82%a2%e3%83%89%e3%82%ac%e3%83%9c%e3%81%a8%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80

・恋の予感は薔薇のパイ

dsc04054

・初恋のグミ

%e5%88%9d%e6%81%8b%e3%81%ae%e3%82%b0%e3%83%9f

%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e6%96%b0%e8%81%9e%e6%8e%b2%e8%bc%89%e8%a8%98%e4%ba%8b

北海道新聞掲載記事

 

 

 

実習風景

 

%e8%ac%9b%e7%bf%923%e8%ac%9b%e7%bf%92%ef%bc%91%e8%ac%9b%e7%bf%92%ef%bc%92

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エコトーク映画会

| エコな話 |

札幌市リサイクルプラザ宮の沢にて講演会を開催しました。

環境のために毎日の食卓からできること

「台所から実践するエコライフ」と題し、お話をさせていただきました。

約200名の方々にご参加いただき、ありがとうございました。

 

12644821_897670497013239_69404754022895659_n

 

 

 

 

 

2016年さっぽろ経済1月号の「健康ランチ」に掲載されました。

さっぽろ経済

掲載内容
【午後にウトウト・・・を防ぐには血糖値の上がりにくい食事を】
人の脳は、朝起きてから8時間後に最も眠くなるようになっています。
ビジネスマンなら、ちょうどそれはランチの後くらいに当たるでしょう。
さらに食後は消化のため血液が胃腸に集中し、脳に回らないので眠くなりがちです。
それに加え急激に血糖値を上げてしまうと、血糖値を下げるインシュリンが多量に分泌されるため、
逆に食後に血糖値がさがりすぎて眠気を生むこともあります。
眠気を防ぐには消化吸収がゆっくりで、急激に血糖値が上がらない、GI値の低い食品を選ぶことです。

【一番のNGは「早食い」野菜を多めにゆっくり味わおう】
特に主食は血糖値が上がりやすいため、急激な上昇を防ぐには
”色の濃い物”、例えば白米よりは雑穀米や麦飯、玄米などを、
白いパンよりはライ麦や全粒粉のパンを選びましょう。
パスタやそばもGI値が低めで、炭水化物の量も少なめの食品ですが、
主食(炭水化物)、主菜(肉・魚類)、副菜(野菜類)のうち、
副菜を多くとるように意識すると健康のためには理想的です。
どうしても眠くなる人はランチはごく軽めにして、
腹持ちのするチーズや茹で卵、バナナ等を間食に用意するのも手です。

健康のためにやめていただきたいのは早食いです。
急激に血糖値を上げるうえ、量も必要以上にお腹に入ってしまいがち。
少なくとも脳が満腹感を感じるまでの20分以上は、食事に時間をかけてください。

下川産「はるきらり」

| 旬な話 |

下川町で生産されている「はるきらり」という
強力粉を使ってパウンドケーキを作りました

粉の性質は比較的タンパク量が多く春まき小麦で
「もっちり食感」「ややあっさりとした甘み」の強力粉です

強力粉でケーキ??と思いましたが
バターとの相性がとっても良く、パウンドケーキ、マフィンを
作ってみたら、とてもしっとりさらっとしたクセの無いケーキが出来ました

DSC03742DSC03734はるキラリマフィン

フランスパンに挑戦中!
クープが深すぎました

再度、挑戦!

DSC03745

12308879_523268177847979_1252398438_n12309246_523275021180628_1562166768_n12282988_523274941180636_2130577101_n12305410_523284701179660_15580776_n12305670_523284714512992_1288326250_n12282937_523288277845969_1948965979_n12312269_523288327845964_1460232142_n12309148_523268337847963_1616433607_n12305490_523289197845877_1371624957_n

前回に続き、今回も多くの道産食材を使用した料理教室でした。
今回は2人1組(8人)という少人数で、広い調理台でおもっきり実習をしていただきました。
一人ひとりの作業は多かったのですが、参加の皆様には色々な作業が出来たのではないでしょうか?

夫々の班では個性的な料理が完成し、初対面の方々とも
楽しく和気あいあいとした時間を過ごすことが出来たと思います。

今回のお土産は、手づくり甘酒、塩パン、無農薬野菜「北の佐野菜」の野菜でした。
お持ち帰り用の容器もご持参いただいたので、お土産が増えました♪♪

次回は2016年1月を予定しております。
皆様のご参加をお待ちしております。

アーカイブ